イルタス > 株式会社イルタスのスタッフブログ記事一覧 > 銀座石碑シリーズ④ 銅造彫刻「燈臺」

銀座石碑シリーズ④ 銅造彫刻「燈臺」

≪ 前へ|くまモンに会いたくて   記事一覧   新橋駅銀座口 少し変化|次へ ≫

銀座石碑シリーズ④ 銅造彫刻「燈臺」

カテゴリ:イルタス日記


銀座四丁目の数寄屋橋交差点の交番裏側、数寄屋橋公園の一角に建てられた北村西望作「燈臺」です。北村聖望の代表作は長崎平和公園設置の巨大像長崎平和記念像、国会議事堂内設置の板垣退助翁などがあります。


この作品は、大正12年(1923)の関東大震災から10周年を迎えた昭和8年9月11日、震災祈念塔に相応しい彫刻として設置されました。北村は設置にあたって、石造の台座設計や十数万の応募から選ばれた標語「不意の地震に不断の用意」の鋳造銘板も制作しています。 銅造彫刻「燈臺」は、彫刻家北村西望による優れた造形芸術を表現しながら、震災の歴史を伝える記念塔として語り継がれています。

≪ 前へ|くまモンに会いたくて   記事一覧   新橋駅銀座口 少し変化|次へ ≫
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社イルタス
    • 〒104-0061
    • 東京都中央区銀座8丁目4-26
      横須賀第6ビル 1F
    • TEL/03-3573-5656
    • FAX/03-3574-6002
    • 東京都知事 (13) 第28721号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る